禁煙シールが薬局で買える。

タバコを吸う男性

 禁煙シールと言っても、タバコを吸わないでくださいというマークのシールのことじゃなくて、煙草を辞めるために肌に貼るシールのことについて書いてみようと思います。

俗に言う禁煙パッチですね。主に病院などで禁煙外来などの治療で処方してもらうものだったのですが、ノバルティスファーマが、薬局でも買える禁煙シール「ニコチネル パッチ」を販売しています。

禁煙ガムで有名な二コレットでも、シールタイプのパッチで市販されているのを出しています。
ガムもパッチも、ニコチン置き換え療法といわれるものですね。

値段は高めなので、定価で購入するよりも、病院で処方箋を出してもらったほうが、保険が効くので価格を抑えられます。

個人輸入している人もいるみたいです。

タバコを吸う代わりに、シールを腕などに貼る方法なのですが、皮膚からニコチンを吸収させるので、禁断症状が緩和される効果があるということです。

一日一回禁煙シールを貼るだけですが、徐々にシールの面積を減らしていって、体を慣らして、成功すると、最後はパッチを貼らなくても大丈夫な、ニコチンレスな身体にするというものです。

禁煙パッチの副作用

タバコが吸いたくてしょうがない、中毒症状っていうのは、ニコチン中毒なんですね。だから、皮膚から吸収させて、吸いたい気持ちを抑える。
喫煙で身体に入ってくるのは、ニコチンだけじゃなくて、タールなどの発がん率を高めると言われているものも多く含まれます。パッケージにも大きく書いてありますね。それなのにどうして辞められない…。ニコチン中毒です。
禁煙のためにシールを貼らなくても、徐々に吸う本数を減らしていけば、辞められる人は辞められると思います。でも、その間もタールなどの余計なものを吸収しなければならないんです。シールを使うメリットとして、余分なタールなどを吸わないで済むというものがありますね。家族の受動喫煙も防げます。

禁煙シール使用中の注意としては、絶対に喫煙しないことです。ニコチンを皮膚から吸収させている上に、さらにタバコを吸ってしまうと、もっと強いニコチン依存症になりかねません。
その他のよくある副作用としては、皮膚がかぶれてしまったり、赤くなったり、痒くなったりすることだそうです。
目立たないところに貼るようにして、気をつけたほうがよさそうですね。

少々高いと思うかもしれませんが、タバコひと箱1000円になろうかという時代に、いつまでも喫煙をつづけることの方が、よっぽど高くつきます。
そして、重い病気になってしまえば、その代償はお金だけでは済みませんね…。