ラクロスとは、抱っこ紐です。

赤ちゃんとお母さん

 ラクロスとは、抱っこ紐ですが、これまでの赤ちゃん用の抱っこ紐とは違う、新しい発想で作られています。
抱っこひものRAX(らくろす)の一番の特徴は、一枚の布からできているということですね。
お母さんの抱っこ紐やおんぶ紐の悩みとしては、使いづらいということや、肩が痛くなる、持ち歩きに不便、といったことではないでしょうか。
あと、赤ちゃんが嫌がってしまうというのもありますね…。これが一番大事かもしれませんね。
それで最近注目されて、口コミで広がりをみせてきているのがラクロスの抱っこ紐というわけです。

ラクロスの抱っこ紐なら、使い方も簡単。チョッキを羽織るみたいにして両肩にラクロスをかけて、子供を自分向きに抱っこして、両足を入れればできあがり。お尻をグッと深く包み込んでくれるので、しっかりと安定します。
バックルやマジックテープなどをまったく使っていないので、本当に簡単・安全なんですね。
もちろん前向きに抱っこすることもできます。景色を見るのが好きな赤ちゃんは多いですね。前向きにだっこすると、ごきげんになる子もいます。
私は前向きに抱っこされてる赤ちゃんを見ると、心がすごく癒されます…。
かわいさが二倍?に感じませんか…?

さらに、パパでも気軽に使えるカッコいいデザインの抱っこ紐です。その秘密は、布の種類や、色、パターンのデザインが豊富だということにあります。気に入った色、デザイン、サイズのものを選んでオーダーできるんですね。

丈夫なラクロス抱っこひも

そのカッコいいデザインや、持ち運びやすい軽さもラクロスが選ばれる大きな理由だと思いますが

、やっぱり一番の理由は、その機能性ですね。使いやすさ、便利さです。
首が据わったころから、3歳くらいになっても使えるし、夏でも赤ちゃんの背中が蒸れないので、

蒸れてぐずることは無くなりそうです。
しかも一枚一枚出作りのハンドメイドなので、安心して使えますね。

抱っこすると、安心して赤ちゃんはよく眠ってくれますよね。でも、降ろすとすぐに起きてしまう

…。そんな悩みも、ラクロスの抱っこひもなら、なくなるかもしれません。
だっこひもごと寝かして、そっと抜き取れるので、気づかれずに寝かせますね。

シンプルに作られているので、壊れることもまずないですし、もし破れたりしても、ラクロスなら

、簡単に直せると思います。細かいパーツなどが無いので、ただ布を縫うだけですからね。
これなら、長くつかえて、次の赤ちゃんにも使えますね。
何人でもどんとこいです。
大家族もこれ一枚でOKかも?