御中元とは、感謝の気持ち

プレゼント

 お中元にお礼はつきもの。
以前は儀礼として、仕事の付き合いなどでやり取りされることが多かったと思います。最近では、親しい人たちの中で、楽しくお中元を送りあうようにもなってきていますね。
とはいえ、まだまだ儀礼のお中元もあります。きちんとしたマナーを理解していないと、失礼に当たる場合もありますので、注意が必要ですね。
日本人は、わび、さび、そして、礼儀を重んじる文化ですから。

とはいえ、お中元は、本来目下から目上へと、感謝の気持ちを贈るものです。両親、親戚、上司などへ送る場合が多いようですね。

送られた側は、どうしたらいいのでしょうか。
はじめて部下ができて、その部下からお中元が届いたら…。ちょっとドキドキですね。^^

まず、お中元の時期としては、6月の下旬〜8月上旬までです。地方によって若干ずれるので注意。
また、一度送ると、なかなかやめられないものです。もしも一度だけ送るという時には、のしを、「お中元」ではなく、「お礼」としましょう。

お中元が届いたら、すぐにしないといけないのが、お礼状を出すことです。できれば届いたその日に出しましょう。
きちんと届いたことを知らせる意味と、もちろん感謝の心を伝えるのも重要です。先ほども言った様に、お中元は、感謝の気持ちを送るものです。その気持ちはありがたく受け取って、お礼はお礼状だけにします。

いただいたものと、同等の物品などをすぐにお返しとして送ってしまうと、中には、感謝の気持ちを返されたと思ってしまう人もいるかもしれませんね。
どうしてもお返しをしたいという人は、あわてず少し経ってから、「御礼」や「暑中お見舞い」として贈ればOKです。^^

お礼状は、手紙でも葉書でも問題ありません。はがきが使われることが多いかもしれませんね。

お礼はメールでも大丈夫?

基本的にはお礼状がいいですが、仲の良い人からなら、電話やメールでも大丈夫でしょう。
とくになかなか会えない親戚などの場合、声がきけて喜んでもらえる場合もありますよ。

おさらいしてみましょう。
お中元は、感謝の気持ちです。日ごろお世話になっている方へ贈るものです。また、届いたら、できるだけ早くお礼状を出しましょう。
基本的には、お返しの贈り物は必要ありません。

では、そのお礼状はどういう文面で書けばいいのでしょうか?
堅苦しく考えずに、自分の感謝の気持ちを素直に書けば、問題ありません。また、お中元は季節のあいさつでもありますから、季節に関係した話題や、絵などを添えると、いっそう風流ですね。^^

ただ、会社などでは、取引先からの贈り物を禁止している場合もあります。
そういうときには、きちんと相手にお断りの手紙を添えて、とどいたものをそのまま送り返さなくてはなりません。
相手の機嫌をそこねないように、誠意をもって手紙を書けばわかってもらえるはずです。

素直な気持ちを文章にすれば問題はないのですが、文面、文例などのテンプレートは、インターネット上にたくさん載っています。
不安な人は、そういうものを参考にしてみてもいいかもしれません。