脳ドッグについて

脳みそ

 脳ドッグとは、簡単に言ってしまうと、脳の人間ドッグです。全身を調べる人間ドッグでも、脳についてはそれほど深入りしていません。
脳卒中などの脳血管障害は、非常に危険です。治療も難しいため、未然に防ぐ、予兆を見逃さないのが大切です。そのためにも脳ドッグは必要ですね。
費用や効果について興味があると思います。

脳動脈瘤、脳腫瘍、未破裂脳動脈瘤、無症候性脳梗塞などを発見することができます。
中、高齢者は、一度脳ドックを受けておいた方が安心だと思います。

代表的な検査として、MRIやMRA、があります。
MRIとはどういったものでしょうか。MRIは、核磁気共鳴画像法というものなのですが、CTの上をいく検査方法と言われ、簡単に言うと、磁気を利用した検査方法で、X線などの放射能を使わないため、安心です。

ではMRAとは何でしょう。MRIの方法の一つで、装置も同じものをつかいます。血管を撮影して検査するもので、造影剤を使わないで検査できます。くも膜下出血など、脳の病気で怖いのはやはり血管系ですので、はずせない検査ですね。

脳ドッグや人間ドッグ、健康診断などは病気の人がかかるものではないので、残念ながら健康保険は適用さないため、料金はやや高くつきます。。

3万円〜7万円くらいのところが多いようです。

東京都内などの関東地方にやはり実施機関は多いですが、今は全国にあるので、近くにやってくれる病院があるか調べてみましょう。

脳に関する病気も、早期発見できれば、怖くないものも多いんです。
脳卒中などは、家族で経験した人がいる場合には、特に注意が必要です。遺伝も考えられますし、同じような食生活を贈っていると考えられます。生活習慣病の一つなので、普段の食生活や、規則正しい生活を心がけることが大切になってきます。

脳卒中について

昔は脳卒中が日本の死亡原因のトップでした。今は第三位ですが、これは脳卒中になる人が減っているというより、なっても死亡する確率が減ってきたためです。
まだまだ、発症数の多い病気です。

脳の血管が破れてしまったり、血栓というもので塞がれてしまったりすることで、脳に栄養がいかない場所ができて、その場所の細胞がダメージを追ってしまう病気です。

最も大切な予防法としては、高血圧を防ぐことだと言われています。塩分をとりすぎないこと、水分を多くとること、野菜、果物を食べることが、高血圧の予防につながります。

また、お酒の飲みすぎや、煙草、運動不足、肥満なども脳卒中の危険因子と言われています。糖尿病の人は、脳卒中で死亡する確率が高くなってしまうので、糖尿病にも気をつけましょう。

バランスよく食べ、運動不足にならないようにするのが一番ですね。