夏ばての症状

夏ばて解消料理

 夏ばてを防止する食べ物についての前に、まずは夏バテそのものの症状などについて。

そもそも、夏にばてるのは当たり前のような気もしますが、体が暑さに対処しきれなくなっているということです。体温を保つための、汗や血管の働きである、自律神経が乱れるのが主な原因となります。
エアコンのない時代には、暑さによって体力が下がったり、食欲が出なくなったりすることが多かったのですが、今は外の気温と部屋の気温の温度差によるものも多くなっています。
エアコン病や、クーラー病などと呼ばれる冷房病も、自律神経の乱れによるものですね。

主な症状としては、「だるい」ですね。
倦怠感、食欲不振、下痢、便秘、思考力の低下、無気力、立ちくらみ、めまいなどがあげられると思います。

予防法は、規則正しい生活、冷房に気をつけるなど、いろいろありますが、今回は食べ物について見ていきましょう。

疲労回復効果のある有機酸(酢酸、クエン酸、リンゴ酸など)で、疲労物質の乳酸を分解しましょう。
梅干しや、レモン、お酢などですね。

エネルギーの代謝を上げる、ビタミンB群もいいでしょう。
豚肉、ウナギ、レバー、貝類などに多く含まれます。

良質なたんぱく質も必要です。大豆食品・卵・肉・魚・牛乳などですね。
また、香辛料などで、食欲を増進させるのもいいでしょう。

と、これまでの情報を総合すると、おのずと一つの料理が頭に浮かんできました…。^^

そう、餃子です。豚肉でビタミンBとたんぱく質、お酢たっぷりの醤油につけて食べます。ラー油も香ばしく、食欲がおのずと沸いてきますよね。
タネにクエン酸の豊富な梅干や、シソを混ぜたものも作れば、あっさりとおいしくいただけます。

おつまみで夏バテ解消

 また、意外とおすすめなのが、ビールのお供の「枝豆」です。
完熟して大豆になる前の青いままに刈り取っているのが枝豆で、大豆と同じく、たんぱく質が豊富ですが、大豆にはあまり含まれないビタミンAやカロチン、ビタミンCなどが豊富に含まれているんです。
肉と野菜を同時に食べてるようなものなんです。まさに夏バテ予防のための食材と言えるでしょう。
また、ビタミンBも含まれ、アルコールの代謝を促進させ、コリンが肝臓の働きを向上させるので、二日酔いなどの防止にも効果的なんですね。
ビールを飲む人も、飲まない人にも、枝豆はおすすめな食べ物ということですね。

あと、ウナギはスタミナ食の代表格。夏ばて防止に役立つ栄養が豊富なのはもちろん、魚類に含まれる不飽和脂肪酸は、コレステロールを抑制する効果があると言われています。カロリーも意外と高くないんです。

納豆などのネバネバ系も人気の夏ばて予防食です。オクラ、山芋、めかぶなどのネバネバに含まれる「ムチン」という成分が、夏ばてに良いといわれています。
ちなみに熱にムチンが弱いので、あまり加熱しない方がいいですね。