携帯電話で緊急地震速報をメール受信

 地震などのときに、気象庁が配信する緊急地震速報などを、回線混雑の影響を受けることなく受信可能なドコモのサービスが、緊急速報「エリアメール」です。
受信の設定をする必要があります。
メール→エリアメール設定→受信設定→受信する

 災害時には、携帯で情報を収集するだけでなく、掲示板で自分の状況を発信しましょう。
大地震などの大災害のときには、家族や友人が心配です。災害時に携帯電話で安否確認ができるサービスが、携帯電話会社各社から提供されているので、万が一に備えて、家族で使い方を確認しておきましょう。

 まず、docomoから提供されているのは、「iモード災害用伝言板サービス」です。
震度6弱以上の地震などの大規模災害が起きると、「iMenu」のトップに「災害用伝言板」(英語版の場合は「Disaster Message Board」)が自動的に追加されるようになっています。
自分の状況を、「無事です」「被害があります」「自宅に居ます」「避難所に居ます」などから選らんで、コメントを入れて置けます。


au by KDDIでも、同様の機能の災害伝言板サービスが提供されます。
あらかじめ設定しておくと、伝言板に安否情報を登録すると、設定した相手にメールが送られるサービスもあるので、ぜひ家族などを送信先として登録しておきましょう。

緊急地震速報についても、2008年の3月25日から、運用が開始されています。
こちらもドコモ同様、最初は受信しない設定になっているので、ぜひ設定しておきましょう。

緊急地震速報の対応機種は「W61SA・W61CA・W62SA・W61H・W61K・W61SH」となっています。
※ 2008年3月24日現在。

ソフトバンクと災害伝言板

ソフトバンクでは、迷惑メール対策で、URLリンク付きメール受信設定の「URLを含むメールを全て受け取らない」にしていると、災害伝言板のメッセージを含む全てのお知らせが受信拒否となってしまうので注意が必要です。

災害伝言板は、docomoやKDDIと同様ですが、緊急地震速報については、まだ実装されていません。
2007年の5月に、システムを開発するという発表はされているので、現在開発中ということだと思います。
おそらくもうすぐ地震速報は実装されるでしょう。
いずれにしても、他社同様、新しい機種から使えるようになると思われます。
各社災害用伝言板体験サービスなどもあるので、実際に練習してみましょう。