クロックスの飾りはジビッツと言います。

 クロックスに飾りをつけるのが流行ってるみたいです。
このアクセサリー、飾りのことを、ジビッツと言います。
クロックスは、最近サイプラス(ヒール型のサンダル)や、女性用のプリマも登場して、ますます人気が出てきていますね。長靴タイプもあるんですね!

子供用のサンダルもあるので、飾りをつけるとかわいいんです。
ジビッツといって、ディズニーのキャラクターのバッジが人気ですね。バックスバニーとかのシリーズもあります。ワーナーブラザーズのアニメ、夏休みとかによく見たなあ…。
今もカートゥーンネットワークでやってるみたいですね。トゥイティーが好きです。
Crocsはアメリカの靴のメーカーですからね。
キティちゃんとのコラボとかもありますね。

人気がありすぎて、クロックス似の靴がいっぱい登場しています。300円ショップとかでも、そっくりな靴が売ってます。クロックスかと思いきや、別のメーカーだったりします。
人気の秘密は、まずかわいいことですね。飾りをつけるともっとカワイイです。あとは柔らかさと、通気性。柔らかいことがあだとなって、エスカレーターで靴が挟まれてしまって怪我をしてしまう事故も多くありました。
これはクロックスが悪いのではなく、エスカレーターのルールを守っていれば、当然防げた事故です。黄色いラインのところに乗らなければいいのですから。
でも、小さいお子さんの場合には、親が気をつけて上げなくてはなりませんね。これはクロックスを履いているいないにかかわらずでしょうけど。
ということで、エスカレーターには注意が必要です。

気軽に履けるっていうのも大きいですね。雨の日でも関係なし。ビーチサンダルでもいいんですけど、あれって鼻緒の部分が痛いんですよね。指の間の皮が硬くなると、いい感じなんですけど、それまでちょっと痛い時間を過ごさないといけないんですよね…。

ジビッツの付け方など

飾り(ジビッツ)をつけるのもいいんですけど、オリジナルの飾りをつけるのもお洒落だと思います。
穴が開いてるところにつけられるので、簡単ですね。ジビッツ風のものも売ってますし、今はインターネットで探せば、個性的なものもみつかると思いますよ。
みんなでまとめて購入して、送料を無料にするのがかしこいジビッツの買い方です。簡単に付け替えられるので、一人でたくさん買って、毎日その日の気分でクロックスにつける飾りを交換するのもありですね。

ジビッツのつけ方は、伸縮性を利用して、穴にぐいっと斜めに押し込むだけです。外すときは、裏からぐいっと押しましょう。
跡がつくかもしれないから、つける場所は固定したほうがいいかもしれませんね。