ジーンズの洗い方のコツ

上下デニムの男性

 ジーンズの洗い方にもこつや注意点があります。
気に入ったジーパンなどのデニム生地は、色落ちなどが不安ですよね。
色落ちが嫌だから、洗濯できなくて、臭くなってしまうこともしばしば。ファブリーズでなんとかねばるしかないですが、なるべく色落ちしないで洗う方法もあります。

まずは、基本的なブルージーンズの洗い方の注意点から。
一応タグの取り扱い絵表示を確認しましょう。
他のものと一緒に洗わないこと。基本中の基本ですね。ジーンズは色落ちするので、他の洋服と一緒に洗うと、もれなく色が移ってしまうことになりますので。
ボタンやジッパーは閉じること。ボタン(リベット)などで、洗濯槽を傷つけてしまわないようにという配慮でもあります。
リーバイスやエドウィンなどのヴィンテージものや、古着で、糸が痛んでいる場合には、ネットなどにいれるのもいいかもしれません。
硬くて履きにくい場合には、柔軟材を少しいれるのもいいでしょう。

色落ちを抑える方法として、塩で色止めするというものがあります。買ってすぐに、塩をたくさん溶かした水に漬けましょう。一日漬けておけばOKです。
洗濯機で使う水は、お湯よりも冷たい水にしましょう。洗濯時間は、なるべく短く、短時間のモードにしてください。
また、洗剤の成分にも注意が必要です。蛍光増白剤が入っていると、記事が赤っぽく変色してしまうこともあるようです。
BLUE DENIM SOAPや、ジェイウォッシャー、ジーンズファッションというジーンズ専用の洗剤もあります。
表面がこすれると色が落ちてしまうので、裏返して洗濯するのも大事です。

ジーンズの干し方など

干すときもコツがあります。太陽の紫外線で日焼けしてしまわないように、裏返したままがいいですね。
また、上下さかさまの状態で干すと、ジーパンの重さで縮みを防止できます。
でも、ジーンズはもともと色落ちするものです。そしてそれがオリジナリティになるので、ある程度の色落ちは仕方がありません。やはりファブリーズでなるべく洗濯の回数を減らすのも必要ですね。

縮みについてですが、今は、売っているジーンズはほとんどウォッシュ加工が施されています。ワンウォッシュなど、一度洗っているということですね。こうしたものは、すでに縮んだ状態です。なので、洗濯してもほとんど縮むことはありません。
ただ、ヴィンテージジーンズと呼ばれる、昔のジーンズの復刻版などは、ノンウォッシュといって、洗濯をしていなかったり、昔ながらの防縮加工のされていない生地が使われていたりするので、洗濯すると縮んでしまいます。
買うときには、サイズなど、縮むことを想定して裾上げなどをしくてはならないので、注意してください。
中にはノンウォッシュのまま履きつぶすという人もいますね…。