蜂の毒とアナフィラキシーショック

林

 蜂に刺されたら、アンモニアを塗るという治療法が、昔からよく言われてきました。アンモニアが無い場合には、尿(おしっこ)をかけろと。
実際に私も子供の頃に蜂にさされて、祖母にアンモニアを塗ってもらいました…。
ですが、これは効果は無いそうです。毒を中和するためにアンモニアだったようですが、皮膚から吸収されることは無いとのことで、皮膚を逆に傷めてしまったりもするそうです。

蜂に刺されて亡くなる方が、日本では毎年30名ほどいますが、これは、蜂の毒がそれほど恐ろしい猛毒であるというわけではなく、急性アレルギー反応である、アナフィラキシーというもののせいなんです。
全身にショック症状が現れ、じんましんや紅潮、血圧低下、呼吸困難、めまい、意識消失などを起こし、死亡することもあります。

誰でもアナフィラキシーになるわけではなく、蜂の毒に対してアレルギーを持っているかどうかで決まります。
通常、刺傷後15分以内にアレルギー症状が出ると言われます。一般的に、一度目で抗体が出来るから、二度目に刺されると症状が出やすいと言われていますが、一度目でも症状がでる人も居ます。
スズメバチが危険といわれますが、ミツバチでもアナフィラキシーになる人も居ます。

顔面蒼白、冷汗、立ちくらみ、口やのどの中のかゆみなどが、アナフィラキシーの最初の症状です。蜂に刺された人がいたら、その人の意識がしっかりしているか、具合が悪そうだったら、横にして、血液が内蔵や脳に集まるように、ベルトやボタンなどをはずして、手足を上げた状態にして、救急車を呼んでください。
蜂に刺されてから15分以上経ってもなんとも無い場合には、問題ないことがほとんどです。
刺された場所の腫れや傷などをきちんとケアすれば問題ありません。
針がもしも皮膚に残っていたら、抜いて、冷やして、虫刺されの薬を塗っておけば大丈夫です。
抗ヒスタミン剤やステロイド剤を使いますが、市販のムヒなどでもいいでしょう。^^

蜂アレルギー 刺されないように予防

 刺されたところが、蜂の巣に近い場合には、もちろんまずその場所を離れるのがもっとも重要です。

また、自分が蜂アレルギーを持っているかどうか、検査して知っておくこともできます。スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチの三種類の蜂の抗体検査が、病院でやってもらうこともできます。
ハチ毒に対する、血液中の特異的IgE抗体価というものを検査するそうです。
蜂に刺されたら、1ヶ月後くらいに検査するようにしてください。それよりも速いと、まだ抗体が検出できないことがあるようです。

蜂の良く出るところを毎日通る方などは、ぜひ調べてもらっておきましょう。


蜂に刺されないようにするのも大切です。できるだけ皮膚の露出を避け、黒っぽい服も避けてください。
また、香水の香りなども、蜂を呼び寄せることになります。

虫除けスプレーの中には、柑橘系の香りのするものなどもあります。普通の虫除けスプレーというのは、蚊やアブなどには効きますが、蜂には効きません。どの虫に効くのか、ちゃんと書いてあるので、みてみてください。蜂とは書いてありません。
実際、私は柑橘系の香りのする虫除けスプレーを登山にもって行き、まんまと蜂に刺されたことがあります…。

 
↑これがあると安心

 
登山などのときには、ポイズンリムーバーという、毒を吸い出す道具を持っていくことをオススメします。
口で吸うのは、毒を飲み込んでしまうことになるので、止めておいた方がいいでしょう。